いい人ぶるのは偽の人生&自分のために生きてこそ!!

引き寄せの法則で有名な奥平亜美衣さんの「引き寄せスパイラルの法則」を読んでいました。これは自己肯定に関する話がメインの本ですね。んで、いろいろと考えたんだけど……

 

自分を受け入れた瞬間、何かが起こる!  「引き寄せスパイラル」の法則
奥平亜美衣
大和出版
売り上げランキング: 77,377

自慢じゃないけど、俺は性格が悪いんです(笑)発達障害のせいか、空気も読めない。

ただね、他人の前ではついいい人ぶってしまう悪いクセがあるんだよなあ。他人を傷つけるのが嫌、他人に嫌われるのが嫌、そういう気持ちがものすごい強くて、つい他人の考えや感情を優先しすぎてしまうのですよ。

 

必死になって空気を読んで、自分の言うことやることをイチイチ考えて疲れてしまうこともある。

人の為にいきる人生とは

こういうのもうやめようと思うんですよ。しんどい!楽しくねえ!なんで俺様が他人に合わせて疲弊しなくちゃいかんのだ!!と思うわけですな(笑)

f:id:myoujin7:20170730162803j:plain

だいたい、そうやって必死でやってきた割に、人間関係もたいして良くなってないんです。そこら中に転がっている平々凡々としたつまらない「いい人」に落ちぶれてしまっている気がするし。


「人の為」と書いて「偽」とはよく言ったもので「他人のために生きる」「他人に気を配って生きる」なんてのは偽の生き方、偽の道だということに気が付きました。

それに、振り返ってみると、子供の頃は傍若無人で言いたい放題やりたい放題だったけど、その頃のほうがずっと生きるのが楽しかったし、友達も多かったんですな!(嫌われ度も高かったですがw)

最低限のことさえできていれば

もちろん、いくら俺が性格が悪いといっても、人の悪口やゴシップを喜んで喋ったり、他人をぶん殴ったりするわけではありません(笑)そこまで性格の悪い人なら「もうちょっと人の為を考えろよ!」という話になるでしょうけど……

最低限の人間関係の常識(あいさつをする、悪口を言わない、暴力を振るわないなど)ができていれば、もうそれ以上は考える必要も無いんでないかな。

 


「人の為になりたがる人」と「人に何かしてもらおうとする人」というのは、実は同じコインの裏表であり、どちらも依存です。人の為、と書いて「偽(いつわり)」という漢字になるのは、もちろん偶然ではありません。

 

あなたができるのは、自分の人生を創ることであって、他人の人生は決して創れません。

自分の幸せは自分で見つけられますが、他人の幸せを見つけてあげることなんてできないのですから。あなたは、自分の為に生きてよいのです。自分の為に生きてこそ、結果的に他人のためになることもできるのです。