良い言葉が人生をイージーモードにする、ありがとうありがとう(ΦωΦ)

最近は「ありがとう」「ツイてる」「愛してます」なんていう良い言葉をいい続けていると、本当に良いことが起こる……というスピリチュアル的な成功法則が当たり前に受けいれられる世の中になりましたよねえ。 

f:id:myoujin7:20170808044048j:plain

つい最近も「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」という早口言葉みたいな本がベストセラーになったって話をしましたね。実際、これはかなり良い本でした。

※いやあ、このところ本屋で場所を聞くのに勇気がいるタイトルの本が増えているよなあ。ともかくタイトルで目立つことが大事って考えてるのかな。

 

この本にも、ありがとう、愛してます、という言葉のパワーが書かれています。この2つの言葉で、潜在意識をクリーンにして、潜在意識と和解することで、より願いが叶いやすくなるんだとか。

 ラクでいいじゃない、言ってるだけなんて

俺がもともと言葉のパワーに興味を持ったのは、斎藤一人さんの天国言葉の話を知ってからでした。

いやあ、これは良い話を聞いたなと思いましたね。だって言っているだけでいいんだもん。ありがとう、愛してます、ツイてる、それを言っているだけでいいことが起こる、人生が良くなる。ものすごいカンタンじゃないですか。

 

その後、いろいろな本を読んで、いろいろな人が同じように言葉の力、とくに「ありがとう」という言葉にはものすごい力がある、と話しているのを知ってさらに確信を深めました。

斎藤一人さん以外だと、竹田和平さんの本が面白いです。

 

いま伝えたい生きることの真実
竹田 和平
生活文化出版
売り上げランキング: 128,420

で、ずーっとヒマさせあれば「ありがとう」「愛してます」「ツイてる」って言い続けていますが、やっぱりずいぶん人生がイージーモードになった気がします。

いいことが起こる、というより「思わぬところから助けが来る」「棚ぼた的な幸運が多くなる」って感じですかね。自分の場合は。

執着してしまうと……

案外「これを叶えたい!」「これをこうしたい!」という願いは叶ってないんですけど、それは執着があるからかもしれません。

執着している願いは叶いづらい、という話が小林正観さんの本や引き寄せの法則の本にはよく書かれてました。


どうしても欲しいものはなかなか手に入らない引き寄せの法則って今の状態や感情を増幅させるものだから「欲しい!」と言ってると、「欲しい!」という状態が続くという形で願いが叶うわけです。

願望は過去形や完了形にする事が大事ってのは、これがあるから。

 

思わぬところから助けがきたり、棚ぼた的な幸運が起こるのは、あまりその事柄に執着してないから、ってことだろうな。